クレジットカード現金化にはどのくらいの手数料がかかりますか?

業者側にお支払する手数料

クレジットカード現金化では業者側にお支払する手数料とカード会社側にお支払する手数料と2つあります。
業者側にお支払するのが還元率と呼ばれる手数料です。
還元率はご利用金額に応じて変わる仕組みになっている業者が多いです。
10万円のご利用金額なら80%から90%くらいの還元率がよく見られ、この場合の業者側への手数料は1万円から2万円となります。

決済手数料

通常ネットショップでクレジットカード決済すると、ネットショップ側はカード会社へ決済手数料をお支払しています。
キャッシュバック方式と呼ばれる業者の中には還元率と言う手数料の他にも決済手数料の支払いを求めてくるところがあります。
還元率は低くても決済手数料を併せたらそれ程でも無かったと言うことがあるので事前にどうなっているか聞いたほうが良いです。
送料や振込手数料は無料の業者が多いので気にしなくても大丈夫です。
しかし悪質な業者になるとホームページに書いてある還元率と違うことがあるので信頼性の高い業者を選ぶことが大切です。

カード会社側にお支払する手数料

カード会社側にお支払する手数料は1回払いや2回払い、ボーナス一括払いならかからないです。
分割払いやリボ払いを選んだ時はカード会社に手数料をお支払することが必要です。
実質年率で15%から18%の手数料が多くなっています。
ご利用金額が多くなるほど、支払期間が長くなるほど手数料の負担は大きくなります。
ショッピング枠内を限度額に現金化できると言っても必要以上は現金化しない、なるべく支払期間は短くすることが大切です。

消費者金融の方がお得

還元率が90%くらいで低くても、カード会社の手数料まで考えるとかなり高い手数料になります。
消費者金融の大手では実質年率最大でも18%くらい、中堅では最大でも20%くらいです。
クレジットカード現金化をご利用し分割払いやリボ払いで支払いするより、消費者金融をご利用した方がコストが低いです。
消費者金融では即日審査、即日融資が受けられますのでお金に困った時はいきなりクレジットカード現金化ではなく、消費者金融にお申込みした方が良いです。”

F5zn9svC